金高騰中の中、ビッグニュースが!

 

 

ある事情通の情報によりますと、このほど太平洋に浮かぶ孤島・イースター島で純金製のモアイ像が発見された模様です。

 

関係者が伝えるところによると、モアイ像は約3.5mの高さがあり、島内に点在する他の石像と同等の大きさだということです。

 

推定で、およそ20トン以上の重さがあり、現在高騰している金相場で計算しますと、1,000億円以上の価値があるといわれ、島内ではモアイフィーバーが巻き起こっているようです。

 

発見された現場は、観光客がよく訪れる場所であり、他の石像と同じように立てられていました。

 

ところが、長年の風雨にさらされ、金の表面には動植物のさまざまな分泌物が付着していたため、石と思われていたようです。

 

今回の発見により、他の石像も純金製かもしれないとの憶測が広がり、現在イースター島へ上陸しようと目指す人が急増し、当局は対応に追われています。

 

チリの首都・サンティアゴからおよそ3,700kmも離れた孤島であるため、飛行機、船舶をチャーターしようとする人が殺到し、料金が暴騰しているそうです。

 

イースター島には、制作途中で放棄されたものも含め、約1,000体の石像があり、もしすべてが純金製ならその資産価値は100兆円にのぼると推測されています。

 

金の希少性が買われ高騰していた金相場が、今回の発見により大きく暴落する可能性が出てきたため、マーケットでは狼狽売りが増えている模様です。

 

 

 

moai

(USO通信 モアイ支局)

 

 

すみません、上記のニュースは作り話です。写真は画像を加工したものです。

 

 

でも、今の加熱する金相場をみていると、金の価値は少し下がった方がいいような気もちになってきます。

 

 

ところで、このモアイ像で最近、鳥取県が盛り上がっています。いろんなグッズも開発されています。

 

日本で、モアイブームをまきこ越しましょう!

 

来年の夏は、「モアイ花火」が打ち上げられるかもしれませんね。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ